ロシア人と中国人向けE-2ビザ

11月 19, 2020

 中国やロシアのような非条約国の国民がE-2ビザを取得するのは、他の国の国民がビザを取得しようとする場合に比べとても複雑です。そんな時でも、E-2VisaWorldがお手伝いいたします。

ロシア人と中国人向けのE-2ビザ

 

多くの外国籍の人々がE-2ビザまたはE-1ビザによる投資家または事業者としてアメリカへ入国しており、この方法によるアメリカへの入国はノン・イミグレーションの外国人投資家や労働者にとても人気がある方法です。アメリカのE-1及びE-2ビザの適格要件のひとつに、国籍要件があります。申請者が国籍を有する国がアメリカと特別通商・友好条約を締結している国(条約国)であればこれらのビザの適格性を有することになります。条約国リストはE-2VisaWorldのホームページでご確認いただけます。条約国の国籍を有していることが投資家や事業ビザの取得への第一要件となっています。

E-2ビザ非条約国

世界中で60か国以上の国がアメリカ合衆国とE-1、E-2ビザに関する条約を締結しています。この条約国に含まれていないのが中国、ロシア、ブラジルです。非条約国の国民が投資家資格に基づきアメリカ国内での移動および就労するためにはEB-5ビザが唯一のオプションとなります。

残念なことにEB-5ビザ(投資家のためのグリーンカード)は、取得がますます難しくなっており、2019年11月に雇用創出ターゲットエリア(TEA)と呼ばれる困難を抱える地域に対する最低投資額は90万ドル、その他のアメリカ国内地域への最低投資額は180万ドルに増額されました。

第二国籍によるE-2ビザ

EB-5ビザの経済的ハードルの高さを考慮すると、中国、ロシア、ブラジルの国民にとっては投資による市民権(CBI)として知られるプログラムへの参加が最善のオプションとなります。このプログラムは、現在条約国リストに掲載されている国の第2市民権の取得を可能とするもので、市民権を付与する代わりに外国からの直接投資を獲得するという目的でいくつかの国が採用しています。

現在CBIプログラムを採用している国は多くありませんが、条約国の中ではトルコやグレナダはとても人気のある国です。ブラジル国民の場合は、スペインやイタリアが最も可能性がありますが、EU諸国から付与された市民権によってE-2ビザを申請する方法もあります。

条約国から第二の市民権を付与された場合、その市民権に基づきE-1、またはE-2ビザを申請することができます。

グレナダのE-2ビザのための第二市民権

グレナダは様々なプログラムを用意しているため、投資による市民権を申請するのが最も簡単な国です。アイランド・トランスフォーメーション基金への20万ドルの寄付、または最低35万ドルの不動産投資の実行によりグレナダの市民権を取得することができ、市民権取得に必要な期間は約12週間となっています。

トルコのE-2ビザのための第二市民権

2016年、トルコは外国人を対象とする投資市民権プログラムを発表しました。このプログラムもE-2ビザによりアメリカへの居住を希望している非条約国の国民が利用できるオプションです。

最低3年間維持する必要がありますが、トルコの銀行口座を開設し、当該口座に50万ドルを預けることにより市民権を獲得する方法が最も人気のある方法です。この他にも、不動産投資(25万ドル)、資金投資(50万ドル)という2つの投資オプションがあります。3ヵ月から6ヵ月でトルコの市民権の取得手続は完了します。

E-2ビザ投資要件

E-2ビザ投資要件において、ビザはアメリカ国内で稼働しているアメリカ企業への相当額の投資の実行に基づき付与されるものであると規定されています。アメリカ移民法は最低投資額を規定していませんが、少なくとも8万ドルの投資をすることを強くお勧めいたします。少額投資を実行した-また、現在実行している-E-2ビザ申請者でもビザは承認されていますが、少額投資による申請はとても挑戦的であり、否認される可能性があります。

第二市民権でのE-2ビザ投資要件

申請者がロシア、中国、またはブラジルの国籍である場合で、グレナダやトルコのような他の条約国の市民権によりE-2ビザの申請を希望している場合、手続が他の条約国の国民より難しくなることに留意しなければなりません。通常のE-2投資及び関連費用の他にグレナダ市民権やトルコ市民権を取得するための投資-または寄付-をしなければならないからです。

それでもこの方法は、上記のとおり、最低でも90万ドルの投資が必要要件であり、承認まで長期間を要する(少なくとも18ヵ月)EB-5ビザに替わる方法としてはより便利な方法といえます。

ロシアや中国国民がE-2ビザを申請する場合、EB-5投資だと90万ドルを必要とする一方、35万ドルですみます。グレナダ市民権を申請する場合E-2ビザの取得手続に必要な期間はたった6ヵ月ですが、トルコの市民権の場合はもう少し長期間必要となり、かつ、必要経費は高額となります。

第二市民権によるE-2ビザ取得についてE-2VisaWorldへお問合せください。

中国やロシア国民がグレナダやトルコの市民権を取得してE-1ビザ、E-2ビザを取得する場合、手続が増えますが、これらの手続は実行可能であり、またその価値があるものです。多くの人がこのプロセスによりアメリカへ移住しています。

これらの手続はとてつもなく難しいように感じますが、E-2VisaWorldはグレナダやトルコの市民権取得とE-2ビザ申請のフルパッケージをご用意しています。E-2VisaWorldはこの方法により外国籍の個人と企業の支援をした実績があります。あなたのお手伝いをさせてください。今すぐE-2VisaWorldにお問合せください。

EB-5ビザよりE-2ビザをおすすめする理由

EB-5ビザよりE-2を選ぶ価値がある理由  ...

E-1ビザ要件に関する完全ガイド

貿易駐在員ビザに基づいてアメリカへ入国するためにはE-1ビザ要件を理解する必要があります。E-2VisaWorldがプロセス全体の概要をご説明いたします。...

ロシア人と中国人向けE-2ビザ

 中国やロシアのような非条約国の国民がE-2ビザを取得するのは、他の国の国民がビザを取得しようとする場合に比べとても複雑です。そんな時でも、E-2VisaWorldがお手伝いいたします。 ロシア人と中国人向けのE-2ビザ  ...

フランチャイズ獲得によるE-2ビザ取得

フランチャイズの購入もE-2ビザを取得するひとつの方法です。E-2VisaWorldが手続の概要をご説明いたします。 フランチャイズを獲得しE-2ビザを取得する...

E-2ビザステータスを獲得する適格性を有する者とは?

E-2ビザは、アメリカ企業に対し相当額の投資を行った条約国(E-2ビザの条約国リストはこちら)の国民(または同じ条約国出身の他の人)に対しアメリカ合衆国における居住及び就労を許可する非移民ビザです。...

E-2ビザ面接の基本要件

E-2ビザ面接は投資に基づくビザの獲得のために必ず通らなければならないステップのひとつです。 E-2ビザ面接の基本要件 E-2ビザ要件に留意することはE-2ビザ面接の準備に必要不可欠です。E-2ビザの必要要件には投資、特定の適格性、及びオーナーシップ要件が含まれます。 E-2ビザ投資...

E-2投資ビザについて知るべきこと

 E-2条約投資家ビザは、たった8万ドルの投資により、アメリカに移住、居住、就労を目指す方に最適なビザです。毎年何千人もの外国人がE-2ビザをアメリカへのルートとして選択しています。次はあなたの番です!...

E-2ビザ投資要件

E-2ビザに関する規定は、アメリカの法人に対する「相当額」の資金投資をその要件としています。また、E-2ビザを申請時に、既に資金投資の手続きを行っていることが必要です。ここでは、E-2VisaWorldの専門家がE-2ビザ投資要件の概要に関する理解を深め、また、順調に手続きを進められるようご説明いた...