投資グリーンカード:外国人投資家のためのレジデンスオプション

 

アメリカ企業に対し投資を検討している方々であれば投資グリーンカードの取得について関心があるかもしれません。投資家の方々はE-2ビザ、EB-5ビザを含むいくつかの米国ビザがご利用可能です。

アメリカ投資グリーンカード

アメリカに投資をしたいと考える方々には、E-2ビザ、EB-5ビザを含むいくつかのビザが用意されています。

E-2投資駐在員ビザは、アメリカ企業に相当額の投資を実行することにより取得できるノン・イミグレーションビザです。このビザにより、投資家及びその家族はアメリカ合衆国へ移住することができます。しかし、投資家はアメリカと特別な通商条約を締結している国の国民である必要があります。

EB-5ビザは、アメリカ政府が指定するアメリカ国内の地域センターに投資を行う個人に対し永住権を付与するものです。永住権は全ての必要要件を満たしている場合に与えられます。

しかし、EB-5投資永住権プログラムは、定員を超過する応募があった国々により引き起こされた手続の遅延に直面しています。ベトナムや中国のような特定の国々では、EB-5に関し、長期の手続きの遅滞が問題となっています。例えば、中国人投資家がグリーンカード取得するには15年以上待たなければならないかもしれません。その結果、投資家は移住の不確実性を理由にプログラムから離脱することになります。インドなどの複数の国において発生しているビザ発給の遅延は、徐々に解消されつつあり、ビザも適時取得できるようになっています。しかし、申請する投資家が増加しているため、現在遅滞が生じていない国においても遅滞が発生する可能性があります。

もしあなたが投資家で、アメリカのビザの取得を検討しているなら、E-2VisaWorldがご協力いたします。当事務所は、多くの個人に対し、このビザのプロセスを無事に完了するためのお手伝いをしています。当事務所の知識と専門性をご信用ください。

投資によるグリーンカードの取得

EB-5ビザは、基本的には投資家が投資を通じてグリーンカードを取得することを意味します。EB-5プログラムの2年後には、他の要件が満たされていれば、投資家とその直近の家族が永住者になることができます。例えば、投資家はその投資によって10人のフルタイム雇用を創出したことを証明する必要があります。

しかし、通常、これはあなたの投資を管理、運営する地域センターに対する受動的な投資です。アメリカ移民局は、地域センターとして決定し得る内容を指定しています。その目的は生産性の向上と新規雇用の創出により経済成長を促すことにあります。

一方、E-2ビザの取得のためには、事業を成功させるための十分な投資が必要となります。受動的な投資ではE-2ビザを取得する適格性がないため、投資先の事業は積極的な取引を行っている必要があります。また、投資先企業は、投資家自身の生計を立てられるだけでなく、他者のための雇用を創出しなければなりません。

他にもE-2ビザ投資要件はありますが、このビザはビジネス投資により居住権を提供するものであるため、EB-5ビザに替わるものとして有益です。

不動産投資によってグリーンカードを取得できるか?

アメリカで不動産や家を購入する場合、永住権や米国市民権は必要条件ではありません。しかし、不動産を購入したからといって、ビザやその他の入国管理上のメリットが得られるわけではありません。

家屋購入によってグリーンカードを取得できるか?

できません。家屋の購入によりグリーンカードが付与されることはありません。EB-5ビザは家屋の購入とは全く関連性がありません。

しかし、もしあなたが条約締結国の国民で、アメリカでスモールビジネスを起業することに関心があり、他のE-2 Visa requirementsを満している場合、E-2投資家ビザを取得することができるでしょう。E-2ビザは自動的にグリーンカードへの道を開くものではありませんが、E-2ビザステータスを有している間に永住権の申請をすることができるでしょう。

また、E-2ビザは更新可能なビザのため、このビザにより長期間アメリカに滞在することが可能です。

グリーンカード市民権に基づく投資

EB5ビザでグリーンカードを取得することができますが、E2ビザもEB5ビザでもアメリカ市民権を取得することはできません。しかし、グリーンカードを取得した後、EB5投資家は、5年間の永住権を取得した後、アメリカ市民権の申請をすることができます。

条件付きグリーンカードの取得には約1.5ヵ月かかります。ここで注意が必要です。市民権が取り消されることがないのに対し、グリンカードは取り消される可能性があります。この決定には複数の理由があります。

E-2ビザは通常5年間の有効期間が付与されます。また、当初の要件を満たし、企業が活動を継続している限り、何度でも更新することができます。

投資によるグリーンカードの取得

EB5ビザには多くのメリットがあります。投資家、その配偶者と21才未満の子が永住権を得られるというのは間違いなくそのメリットの一つでしょう。永住権を得るということは、アメリカ合衆国での生活、勉強、就労、そしてリタイア生活を送る権利を得るということです。また、プロジェクトが終了した場合には投資の還元を受けられます。

もっとも、そう思わない人も多くいるでしょう。その一つの理由として、アメリカ移民局がEB-5ビザの枠をたった1万程度しか用意していないという事実があります。また、EB-5投資家はアメリカに年間少なくとも6ヵ月居住することが求められます。一方で、E-2ビザ投資家はアメリカに滞在する必要はなく、行ったり来たりすることが可能です。他にもE-2ビザがEB-5ビザよりおすすめな理由はあります。

疑問点やご質問がありましたら、いつでもお問い合わせください。当事務所の経験豊富なリーガルエキスパートがあなたの投資家ビザ、ビジネスビザのオプションについて検討するお手伝いをいたします。そして各ステップにおいてあなたをガイドいたします。

グリーンカード投資のやり方

アメリカ移民法により、EB-5ビザによる移民は、自身の投資が10人のフルタイム雇用を創出するほどの相当額である場合、グリーンカードを申請することができます。この投資はアメリカ経済に利益をもたらす新規ビジネスに対して行われる必要があります。

 

グリーンカードを取得するために必要な投資額

何年もの間、これらの雇用ベースまたはEB-5移民の投資家は、100万ドル、または対象となる雇用地域に50万ドルを投資しなければなりませんでした。しかし、2019年以降、この金額は、180万ドルと対象となる雇用地域に対する90万ドルという金額にに引き上げられました。この地域は、失業率が全国平均の少なくとも150%以上の場所と定義されています。

この高失業地域は、アメリカ国土安全保障省により決定されます。

一方で、E-2ビザはこの金額よりかなり少ない金額の投資で取得することができます。通常少なくとも8万ドルの投資があれば、無事に承認されます。E-2ビザはノン・イミグレーションビザですが、外国人投資家がE-2ビザから永住権に切り替える方法はいくつかあります。

資金投資を始める前に、必ずE-2VisaWorldにお問合せください。当事務所の専門家があなたの申請書類が適法であり、かつ適切に申請されることをお約束いたします。無料相談をご予約ください。あなたのE-2ビザ手続きのお手伝いをさせてください。

お問合せ

当事務所の弁護士はSkypeやZoomのビデオコールに対応しています。

アメリカのE-2ビザ、E-1ビザにご関心のある方はお気軽にお問い合わせください。

当事務所の専門家がサポートいたしますので、是非ご相談ください。