E-2ビザトピックス

EB-5ビザよりE-2ビザをおすすめする理由

EB-5ビザよりE-2ビザをおすすめする理由

EB-5ビザよりE-2を選ぶ価値がある理由   アメリカへ移転することを考えている人たちが利用できる方法のなかでも、多くの人がE-2ビザはEB-5ビザよりも選択の価値があると考えています。E-2投資駐在員ビザは、アメリカ企業へ相当額の投資を行うことにより投資家及びその家族(配偶者及び未成年の子)がアメリカへ転居することを可能とする非移民ビザです。...

E-1ビザ要件に関する完全ガイド

E-1ビザ要件に関する完全ガイド

貿易駐在員ビザに基づいてアメリカへ入国するためにはE-1ビザ要件を理解する必要があります。E-2VisaWorldがプロセス全体の概要をご説明いたします。 貿易駐在員ビザとしても知られているE-1ビザは、特定の国々のビジネスオーナーや従業員が国際貿易を行うためにアメリカ合衆国への入国し、居住し、そして就労するを可能とするものです。本記事ではE-1ビザの取得要件について知っておくべきことをご説明いたします。E-2VisaWorldがこの刺激的で新しい局面を準備するお手伝いをいたします。   E-1ビザとは?...

ロシア人と中国人向けE-2ビザ

ロシア人と中国人向けE-2ビザ

 中国やロシアのような非条約国の国民がE-2ビザを取得するのは、他の国の国民がビザを取得しようとする場合に比べとても複雑です。そんな時でも、E-2VisaWorldがお手伝いいたします。 ロシア人と中国人向けのE-2ビザ  ...

フランチャイズ獲得によるE-2ビザ取得

フランチャイズ獲得によるE-2ビザ取得

フランチャイズの購入もE-2ビザを取得するひとつの方法です。E-2VisaWorldが手続の概要をご説明いたします。 フランチャイズを獲得しE-2ビザを取得する フランチャイズビジネスの購入によるE-2ビザの取得は素晴らしいチャンスになるでしょう。これにより在アメリカ企業に対する投資を行い、ご自身とご家族のためのアメリカE-2投資家ビザを取得することができます。...

E-2ビザステータスを獲得する適格性を有する者とは?

E-2ビザステータスを獲得する適格性を有する者とは?

E-2ビザは、アメリカ企業に対し相当額の投資を行った条約国(E-2ビザの条約国リストはこちら)の国民(または同じ条約国出身の他の人)に対しアメリカ合衆国における居住及び就労を許可する非移民ビザです。 この記事では、個人がE-2ビザステータスの適格性を得るための要件についてご説明いたします。投資を含む企業に関する要件についてはこちらの記事をご確認ください。   E-2ビザ国籍要件...

E-2ビザ面接の基本要件

E-2ビザ面接の基本要件

E-2ビザ面接は投資に基づくビザの獲得のために必ず通らなければならないステップのひとつです。 E-2ビザ面接の基本要件 E-2ビザ要件に留意することはE-2ビザ面接の準備に必要不可欠です。E-2ビザの必要要件には投資、特定の適格性、及びオーナーシップ要件が含まれます。 E-2ビザ投資  E-2ビザ投資には最低額規定はありませんが、申請者は少なくとも8万ドルの投資を想定する必要があります。資金は取消不能のリスクに置かれ、全額がビジネスにコミットする必要があるため、仮に事業が失敗した場合、投資は回収されません。...

E-2投資ビザについて知るべきこと

E-2投資ビザについて知るべきこと

 E-2条約投資家ビザは、たった8万ドルの投資により、アメリカに移住、居住、就労を目指す方に最適なビザです。毎年何千人もの外国人がE-2ビザをアメリカへのルートとして選択しています。次はあなたの番です! E-2ビザは、アメリカと特別通商条約を結んでいる国の国民が対象です。主要な従業員や特定の扶養家族も対象となりますが、このカテゴリーに該当する方による投資の必要はありません。E-2ビザの有効期間は最長5年で、個人と企業が必要要件を維持していれば無期限に更新することが可能です。...

E-2ビザ投資要件

E-2ビザ投資要件

E-2ビザに関する規定は、アメリカの法人に対する「相当額」の資金投資をその要件としています。また、E-2ビザを申請時に、既に資金投資の手続きを行っていることが必要です。ここでは、E-2VisaWorldの専門家がE-2ビザ投資要件の概要に関する理解を深め、また、順調に手続きを進められるようご説明いたします。   相当額の投資が必要です。 E-2ビザには最低投資額要件はありませんが、この投資は「相当額」である必要があります。 投資が「相当額」であるとみなされる場合とは:...

お問合せ

当事務所の弁護士はSkypeやZoomのビデオコールに対応しています。

アメリカのE-2ビザ、E-1ビザにご関心のある方はお気軽にお問い合わせください。

当事務所の専門家がサポートいたしますので、是非ご相談ください。