E-2VisaWorld: 最高のE-2Visa弁護士にご相談ください。

 
最低80,000ドルの投資で3ヵ月以内にアメリカに移住しましょう!

E-2 Visaの特徴

 

  • 家族と共にアメリカへ移住
  • 最低投資額なし(少なくとも80,000ドルを推奨します)
  • 必要手続き期間3ヵ月以内
  • 回数制限なく更新可能
  • 主要従業員を帯同できる

E-2 Visaの弁護士をお探しですか?

E-2 Visaならお任せください!

 

E-2VisaWorldは、米国のE-2投資駐在員ビザとE-1貿易駐在員ビザに特化した多言語コンサルティングファームです。

E-2VisaWorldは、世界中の個人と企業に対しE-2投資駐在員ビザとE-1貿易駐在員ビザの取得のサポートをいたします。これによりアメリカ合衆国で新しい人生とビジネスを始めることができます。

当事務所のE-2ビザ弁護士にご依頼いたければ、ビザの手続きの各ステップをスムースに進めることができ、ビジネス投資を通じてアメリカに居住する機会を最大限にご活用いただくことができます。

E-2 Visa の基本

E-2投資駐在員ビザとは?

E-2ビザは、特定の国の市民が、本人及び本人と同じ国籍を有する人が実質的投資を行ったアメリカ企業で働くことを可能にするビザです。

アメリカの事業会社に投資する資金をお持ちであれば、E-2ビザを取得することができます。E-2ビザは、ご自身とご家族が合法的にアメリカへ移住し、就労を可能にする優れた、かつ迅速なソリューションです。

 

E-2ビザの主要な特徴:

  • 最低投資額なし(80,000ドルを推奨)
  • 必要手続き期間3ヵ月以内
  • 回数制限なく更新可能

E-2ビザ投資

最低投資額はありませんが、E-2ビザの申請者は少なくとも80,000ドルの出資を予定するべきです。資金は取り消すことができない状態でリスクにさらされ、かつ完全に企業にコミットされる必要があるため、事業が失敗した場合でも投資は回収されません。

投資先のアメリカ企業は利益獲得を目的とする商品またはサービスに関する積極的な取引を行っている必要があります。株式や不動産の購入などの受動的投資は、E-2ビザの対象にはなりません。

アメリカ企業への投資はご自身の企業をスクラッチから始める、または既存企業の少なくとも50%の取得を意味します。両者間のひとつのソリューションはフランチャイズの買収です。

資金は、典型的にはビザ取得者の他の活動によるような合法的資金調達によるものである必要があります。ただし、借入または贈与による資金でも可能です。

投資先企業は利益性があるものでなければならず、例えば、ビザの取得者とその家族の生活を保証する以上の収益がある必要があります。

 

適格性

E-2ビザは、世界中の大多数の国が該当しますが、米国との間で特定の通商条約を締結している国の国民(下記のE-2ビザの国のリストをご参照ください)に対し権利が与えられています。注目すべき例外はブラジル、中国、ロシアですが、その他の国はE-2ビザ関連のソリューションが利用可能です。

投資家、主要な従業員及びその家族はアメリカのE-2ビザの取得適格性を有しています。

 

無制限の更新

E-2ビザの有効期限は5年間ですが、ビザの要件を満たし、かつ企業活動が継続している限り、回数の制限なく更新することができます。

E-2ビザの要件とは?
E-2ビザの主な要件は以下を含みます:

  • 企業の国籍:企業が条約国の国籍であること
  • オーナーシップ構成:少なくとも企業の50%を所有している必要があります。
  • 投資の種類及び金額:投資は「相当額」でなければなりません。

LEARN MORE

E-2ビザの適格投資とは?

投資がE-2ビザの適格性を有するものであるかを判断する際に検討される主な要件は、以下を含みます:

  • 相当額投資:最低投資額は規定されていませんが、企業運営を維持できる十分な額である必要があります。
  • マージナリティ:投資は、ビザ取得者以外の者の生活をも保証できる利益を創出するものである必要があります。
  • アクティブ・インベストメント:資金は「活動している」アメリカ企業に投資されなければなりません。
  • 資金調達:資金は合法的に調達されたものである必要があります。

LEARN MORE

あなたはE-2ビザの適格性がありますか?

E-2ビザの適格性は以下の要件が考えられます:

  • 国籍:あなたは条約締結国の国民ですか?下記のE-2ビザ国リストをご確認ください。
  • アメリカ企業における地位:あなたが投資家または従業員である場合でも、アメリカ企業において管理職または役員として雇用されている必要があります。
  • 家族:あなたがE-2ビザの投資家または従業員の配偶者または未成年の子である場合、自動的にE-2ビザの資格を取得することができます。

LEARN MORE

E-2ビザ条約国とは?

アメリカ合衆国と条約締結をしている以下の国々の国民はE-2ビザを申請する権利を有しています。

アルバニア クロアチア コソボ ルーマニア
アルゼンチン チェコ共和国 キルギスタン セネガル
アルメニア デンマーク ラトビア セルビア
オーストラリア エクアドル リベリア シンガポール
オーストリア エジプト リトアニア スロバキア共和国
アゼルバイジャン エストニア ルクセンブルグ スロベニア
バーレーン エチオピア メキシコ 韓国
バングラディシュ フィンランド モルドバ スペイン
ベルギー フランス モンゴル スリランカ
ボリビア ジョージア モンテネグロ スリナム
ボスニアヘルツェゴビナ ドイツ モロッコ スウェーデン
ブルガリア ギリシャ オランダ スイス
ブルネイ グレナダ ニュージーランド タイ
カメルーン ホンジュラス ノルウェー トーゴ
カナダ アイルランド 北マケドニア トリニダードトバゴ
チリ イスラエル オマーン チュニジア
中国(台湾) イタリア パキスタン トルコ
コロンビア ジャマイカ パナマ ウクライナ
コンゴ(ブラザビル) 日本 パラグアイ 英国
コンゴ(キンシャサ) ヨルダン フィリピン
コスタリカ カザフスタン ポーランド

国籍に該当する国がリストにない場合でもアメリカのビザの取得を諦めないでください。あなたのオプションを検討するために当事務所のイミグレーション専門家にご連絡ください。

E-2ビザ関連トピック
  • ご自身の企業を作る(株式会社または有限会社(LLC))
  • アメリカで小売り/レストランビジネスを始める
  • アメリカで商標登録をする

LEARN MORE

e1visa section homepage image

E-2ビザ
申請

E-2ビザ適格があるか、このタイプのビザの必要要件、そしてE-2VisaWorldの専門家がどのようにあなたをサポートできるかをご確認ください。

e2visa section homepage image

E-1ビザ
申請

E-1貿易駐在員ビザについては、E-2VisaWorldにお任せください。この非移民ビザは、米国と実質的な貿易を行う特定の国の居住者にご利用いただくことができます。E-1ビザの詳細はこちらをご覧ください。

E-1ビザ
申請

E-1貿易駐在員ビザについては、E-2VisaWorldにお任せください。この非移民ビザは、米国と実質的な貿易を行う特定の国の居住者にご利用いただくことができます。E-1ビザの詳細はこちらをご覧ください。

e2visa section homepage image

E-2ビザの要件とは?

この短いビデオでE-2VisaWorldがE-2ビザの要件を投資家サイドおよび企業サイドの両方の観点からご説明いたします。

クイック適格性チェックで必要な情報をご確認いただき、ビザ適格の有無をご確認ください。

お問合せ

当事務所の弁護士はSkypeやZoomのビデオコールに対応しています。

アメリカのE-2ビザ、E-1ビザにご関心のある方はお気軽にお問い合わせください。

当事務所の専門家がサポートいたしますので、是非ご相談ください。