E2ビザのビジネスプランを作成するために知っておくべきこと

 

E2ビザのビジネスプランは、このタイプのビザを申請する場合に必ず提出を求められる要件のひとつです。ビザを確実に取得するために、ビジネスプランに記載すべき事項があります。

イミグレーションビジネスプランにご興味がありますか?

新規ビジネスの指揮、または新規ビジネスを始めるために米国への移住を計画している方は、E-2投資駐在員ビザを検討されている可能性が高いでしょう。E-2ビザは、米国のビジネスに相当額の資金を投資した、または積極的に投資を計画している条約締結国の国民に対し発行される非移民ビザです。

「相当額」という言葉はとても曖昧なものであり、また、最低金額が定められていないため、一定の金額を示しているものではありません。しかし、E-2VisaWorldでは少なくとも80,000ドルの金銭投資をお勧めしています。E-2投資駐在員ビザの有効期間は通常3ヵ月から5年間の有効であり、ビザ保有者が希望する場合、期間の定めなく延長可能なビザです。

 私たちはE2ビザのビジネスプランのスペシャリストです。

 

多くの資格要件を満たすことに加え、E-2ビザの取得には、あなたとあなたのビジネスに関連する事項について簡潔でわかりやすいビジネスプランを作成し、アメリカ移民局職員に徹底的に説明する必要があります。

E-2ビザの要件がすべて満たされていることを証明するためには、ビジネスプランがあなたの適性を明確にするものであり、かつ、説得的なファイナンシャル・フォーキャストを示すものである必要があります。複雑に聞こえますが、専門家のサポートがあればビザ申請書をビザにすることができます。

E-2VisaWorldでは、世界中の個人に対し、それぞれのの強みを強調する包括的な移民ビジネスプランや申請書の作成を支援してきました。ここでは、当事務所の専門家が、あなたがこれから作業を始める際に役立つE2ビザのビジネスプランについて知るべき全てのことについてガイドします。

E2ビザのビジネスプランが必要な理由

あなたの会社にビジネスプランが必要であることは特に驚くことではないでしょう。しかし、E-2ビザの候補者としあなたが作成するビジネスプランは様々な特有のニーズをカバーするものでなければなりません。

このプランの目的は、アメリカ移民局によるあなたの事業に対する承認、及び雇用創出のための必要条件を満たすものであると確認を得ることであるため、ビジネスパートナーや投資家を対象とするものではなく、ビザ申請を審査する移民局に対し作成すべきものです。

E2ビザのビジネスプランを作成する際、標準的なビジネスプランと同様の内容を含む必要がある一方で、投資、資本のリソース、およびあなたがビジネスを確立し、指揮能力を有することについて、より詳細に説明したいと考えるでしょう。移民ビジネスプランでは、標準的なビジネスプランに記載されるようなエグゼクティブサマリーと事業の詳細の他、候補者としてのあなたのバックグラウンドについて詳細に記載する必要があります。

また、E-2ビザのビジネスプランはアメリカ移民局に対し説得的に記載されている必要があるため、用語や文章のトーンが移民法及びリーガルビジネスガイドラインの両方に従ったものである必要があります。申請書を審査する移民局は、ビジネスプランの典型的な読者と同じビジネスバックグラウンドを有していない可能性があるため、文法やスペルミスのない明確で簡潔な英語で書かれていることが重要です。

移民申請のためのビジネスプランには独自の必要事項があり、また、ビジネスプランは申請を成功させるために必要不可欠であるため、アメリカでの起業するを作業を始める際に、専門的なリーガルサポートを受けることは非常に重要なこととなってきます。E-2VisaWorldでは、候補者の利益を第一に考え、候補者が成功した有能なビジネスエキスパートであることを示す申請書とビジネスプランを作成するために、たゆまぬ努力を惜しみません。

E2ビジネスプランに必要なこと

申請を成功に導くためには、候補者が善良な製品やサービスを提供し、アメリカ人労働者を活用するビジネスを効果的に始め、成長させるために必要な能力、スキル、バックグラウンド、経験、そしてリソースを有していることを示すものである必要があります。

あなたのE-2ビザのビジネスプランは、少なくとも15ページ程度の長さになり、申請書を審査する移民局職員が完全にビジネスについて理解するために有用なチャート、表、グラフ、および画像で構成されるものとなるでしょう。

 

E-2ビジネスプランのエレメント

少なくとも、E-2ビザのビジネスプランには以下の事項が含まれる必要があります。

  • 会社、商品または/及びサービス、一般的エグゼクティブ・サマリー及び事業説明、並びにあなたとあなたのビジネス・ベンチャーがE-2ビザ適格を有する理由の一般的な概要。
  • 事業を成長させ、指揮する目的の説明。当該説明には、少なくとも50%を所有する事業の運営を唯一の目的として米国に入国すること、および事業の日常業務に責任を負っていることを証明する詳細を含む。
  • ターゲット市場の状況、競合に関する情報を含むターゲットとなる市場分析、および当該市場において自己のビジネスが成功できる理由に関する説明。
  • ターゲット市場での認知度の獲得方法、また、当該市場への参入方法を説明した包括的なマーケティング戦略。
  • 地域住民の新たな雇用を創出する事業であることを証明する採用予定の職種別概要や従業員数を含む、今後5年間の詳細な採用計画。
  • 貸借対照表、キャッシュフロー計算書、損益計算書などの3~5年分の財務予測と、それらの数値や仮定に対する説明に関する考察。
  • 投資資金を所有し、管理していることを証明するセクション。資金源に関するペーパートレイル及びE-2投資駐在員ビザのガイドラインに基づく「相当額」投資であることを証明する書類の添付が必要。
  • 会社の組織や経営に関する事項の説明、及びE-2ビザ申請者としてのスキルや経験の概要に関する事業運セクション。申請者のスキルや経験が事業の実行可能性の確保にどのように関連するかに関する説明を含むものであること。

上記のエレメントを完全に、正確に、そして効果的に網羅するには専門知識を有する専門家に相談するのが必要不可欠です。E-2ビザをフランチャイズの購入により取得する場合でも、また、新規ビジネスをゼロから立ち上げる場合でも、私たちはサポートいたします。E-2VisaWorldの専門家チームは、ビジネスと移民法の両方のバックグラウンドを持つプロフェッショナルなメンバーで構成されており、多様なクライアントと多数の業界における複雑な問題に対処してきた豊富な経験があります。今すぐE-2適格チェックにご記入ください。

E2ビザのビジネスプラン・サンプル

上記のE-2ビジネスプランの要件は、E-2ビザ取得のための行程の出発点として最適ですが、実際にどのようなものかを確認するとさらに良いでしょう。E-2ビザのビジネスプランのサンプルを見ることで、E-2ビザのルートがあなたに合っているかどうかを判断し、参考にすべきビジネスプランのフォーマットを確認することができます。

 

E2ビジネスプランのサンプルは

E-2ビザのビジネスプランはオンライン上で数多く見つけることができます。あなたがビジネスプランを作成する場合に参考になるでしょう。しかし、自分で作成する際にこれらを頼るのは決していい方法とは言えません。

あなたのビジネスプランは、そのビジネス特有の状況に基づいて完全にカスタマイズされる必要があります。そのためには、アメリカ移民局が求めていることを正確に把握している専門家の指導が必要となります。そのため、あくまでも参考としてビジネスプランのサンプルを利用し、専門的サポートを受けるために当事務所の弁護士のサービスを受けることをお勧めいたします。

当事務所の専門家があなたのE2ビザのビジネスプラン作成のお手伝いをします。

私たちの経験において、いかにあなたの企業がE-2ビザプログラムの必要要件を満たすものであるかを示す説得力のある包括的なビジネスプランを準備することが最も重要であるとわかっています。そのため、当事務所のビジネス・イミグレーションを専門とする弁護士は、その豊富なスキル、リソース、経験を活かして、最も厳しい移民局や領事官の承認を得られる移民ビジネスプランを作成します。あなたの国際的な起業の夢を実現させるため、当事務所の専門家に今すぐご連絡いただき、無料相談をご予約ください。

お問合せ

当事務所の弁護士はSkypeやZoomのビデオコールに対応しています。

アメリカのE-2ビザ、E-1ビザにご関心のある方はお気軽にお問い合わせください。

当事務所の専門家がサポートいたしますので、是非ご相談ください。