EB-5ビザよりE-2ビザをおすすめする理由

12月 30, 2020

EB-5ビザよりE-2を選ぶ価値がある理由

 

アメリカへ移転することを考えている人たちが利用できる方法のなかでも、多くの人がE-2ビザはEB-5ビザよりも選択の価値があると考えています。E-2投資駐在員ビザは、アメリカ企業へ相当額の投資を行うことにより投資家及びその家族(配偶者及び未成年の子)がアメリカへ転居することを可能とする非移民ビザです。

EB-5ビザは、一般的に”グリーンカード”と呼ばれている移民ビザ、または取得者に対しアメリカへの永住権を付与する永住権カードです。E-2VisaWorldは、E-2ビザを取得するプロセスにおいて皆さまのお手伝いをいたします。

E-2ビザの重要な要件と性質

最低投資額に関する規定はありませんが、無事にE-2ビザ申請を提出するためには少なくとも8万ドルの投資が必要です。もっとも、これより少額の投資で認められた特別な事例もあります。全ては経営したいと思う事業の種類、およびその事業を運営し成功可能性を裏付けるのに十分な投資額であるかどうか、ということにかかっています。

E-2ビザの有効期間はたいてい5年間ですが、事業が継続しており、当初の要件が満たされている限り何度でも更新することができます。

 

E-2ビザを利用してE-2ビザ取得者が国籍を有する国から主要な従業員を雇用することができ、当該従業員はE-2ビザ取得者と同じE-2ビザを取得することができます。また、アメリカ企業に投資をして既にいる従業員に対するE-2ビザだけを申請することもできます。この場合、投資家自身がE-2

ビザを申請する必要はありません。E-2ビザは非移民ビザであり、二重目的のあるビザであるにも関わらず、それ自体がグリーンカードの取得につながるようなものではありません。そのため、グリーンカードを取得するには、E-2ビザによる在留資格を有している間に在留資格の変更を求めてグリーンカードの申請を行う必要があります。

EB-5の重要な要件と性質

グリーンカードには沢山の種類がありますが、その全てがアメリカでの永住権を付与するものです。アメリカの市民権が取り消されることはありませんが、グリーンカードは取り消される可能性があり、複数の理由によりグリーンカードの資格が失われたり、放棄されたりします。端的に言うと、グリーンカードの保有者であれば、アメリカへ入国する際にビザやESTAを取得する心配をする必要は無くなりますが、一方でその資格を維持するためのいくつか重要な規則について注意する必要があります。

 

EB-5は政府が認定した地域センターに対し、180万ドルという高額の投資をすることにより付与されるグリーンカードです。経済的に困窮する地域に投資が実行された場合、必要投資額は90万ドルに引き下げられます。

 

投資家に対し永住権が承認されるためには、EB-5ビザの投資は10人の新規のフルタイム雇用を創出するものでなければなりません。投資を行うとEB-5グリーンカードは条件付きで2年間の有効期限付きで発行されます。この2年の有効期限が経過する前に、投資家はグリーンカードの条件を削除する申請を行わなければならず、この削除が承認されるには投資によって実際に10名の新規のフルタイム雇用を創出したことを証明しなければなりません。

E-2ビザ vs EB-5ビザ

E-2は非移民ビザであるにもかかわらず、EB-5ビザと比べ非常に有利な点があります。

  1. E-2ビザを取得するためのアメリカ合衆国に対する投資額はEB-5ビザの投資額に比べてかなり少額です。EB-5ビザに90万ドル必要とされるのに対し、E-2ビザの場合ほとんどのケースは15万ドルです。また、E-2ビザの適格性のない中国やロシア国民でも多額の費用を要するEB-5以外の解決方法を探ることができます。過去の記事ロシア人と中国人向けE-2ビザにおいてもご説明していますが、非条約国の国民でもグレナダやトルコなどの国に対する20万ドル程度の投資を実行することにより第二国籍を取得することで、アメリカのE-2ビザを取得することができます。つまり、第二国籍によりE-2ビザを取得する場合でも、EB-5ビザの必要投資額より相当少ない合計投資額おおよそ35万ドルで済むのです。
  2. E-2ビザ申請の手続期間は5週間から12週間ですが、EB-5ビザは一般的に約1.5年を要します。つまりE-2ビザの方がEB-5ビザよりかなりスピーディにビザを取得することができます。
  3. E-2ビザが更新可能なビザである一方、EB-5ビザは最初は、2年後または2年以内に削除しなくてはならない条件付きで交付されます。この条件はEB-5保有者がEB-5ビザの投資によって少なくとも10人の新規フルタイム雇用を創出したことを証明できた場合に限り削除されます。
  4. EB-5投資家はアメリカに少なくとも1年のうち6ヵ月間居住する必要がありますが、E-2ビザ投資家はアメリカに滞在する必要はありません。

もちろんEB-5ビザもE-2ビザと比較した場合、沢山のアドバンテージがあります。しかし、短期間でアメリカへ移住したいなら、疑いの余地なく、E-2ビザが最善の解決方法です。

E-2VisaWorldにお任せください

E-2ビザでアメリカへ渡れば、沢山のことがあなたを待っているでしょう。アメリカ市民と結婚してファミリーベースのグリーンカードを申請するかもしれません。E-2ビザの在留資格のある期間にEB-5ビザの申請を決断するかもしれません。この場合、E-2ビザのための投資はEB-5の投資に適用されます。

E-2ビザ手続に関する詳細はE-2VisaWorldにお問合せください。

EB-5ビザよりE-2ビザをおすすめする理由

EB-5ビザよりE-2を選ぶ価値がある理由  ...

E-1ビザ要件に関する完全ガイド

貿易駐在員ビザに基づいてアメリカへ入国するためにはE-1ビザ要件を理解する必要があります。E-2VisaWorldがプロセス全体の概要をご説明いたします。...

ロシア人と中国人向けE-2ビザ

 中国やロシアのような非条約国の国民がE-2ビザを取得するのは、他の国の国民がビザを取得しようとする場合に比べとても複雑です。そんな時でも、E-2VisaWorldがお手伝いいたします。 ロシア人と中国人向けのE-2ビザ  ...

フランチャイズ獲得によるE-2ビザ取得

フランチャイズの購入もE-2ビザを取得するひとつの方法です。E-2VisaWorldが手続の概要をご説明いたします。 フランチャイズを獲得しE-2ビザを取得する...

E-2ビザステータスを獲得する適格性を有する者とは?

E-2ビザは、アメリカ企業に対し相当額の投資を行った条約国(E-2ビザの条約国リストはこちら)の国民(または同じ条約国出身の他の人)に対しアメリカ合衆国における居住及び就労を許可する非移民ビザです。...

E-2ビザ面接の基本要件

E-2ビザ面接は投資に基づくビザの獲得のために必ず通らなければならないステップのひとつです。 E-2ビザ面接の基本要件 E-2ビザ要件に留意することはE-2ビザ面接の準備に必要不可欠です。E-2ビザの必要要件には投資、特定の適格性、及びオーナーシップ要件が含まれます。 E-2ビザ投資...

E-2投資ビザについて知るべきこと

 E-2条約投資家ビザは、たった8万ドルの投資により、アメリカに移住、居住、就労を目指す方に最適なビザです。毎年何千人もの外国人がE-2ビザをアメリカへのルートとして選択しています。次はあなたの番です!...

E-2ビザ投資要件

E-2ビザに関する規定は、アメリカの法人に対する「相当額」の資金投資をその要件としています。また、E-2ビザを申請時に、既に資金投資の手続きを行っていることが必要です。ここでは、E-2VisaWorldの専門家がE-2ビザ投資要件の概要に関する理解を深め、また、順調に手続きを進められるようご説明いた...